四季運算命学 |有山茜

算命学の教室で3年学んだが、プロの鑑定士として自立できない、という人のための通信講座。質問は自由で、月謝は無料。 とくに、鑑定士になりたい人のための実践法と、鑑定のテクニックをアドバイスします。

お問い合わせ
ariyama-akane@r9.dion.ne.jp

通信講座・受講者からの質問

四季運算命学ホームページ・有山茜

通信講座 添削

通信講座の受講者からの「質疑応答」

 

受講者
○○○○様
女性(52歳)
受講年2018年〜
Q.友人の子供の件
1.子供の命式から「母親の星」のエネルギー値を調べる。
2.子供自身のエネルギー値を調べる。
子供:17
母親:22
でした。
子供の命式の母親星は年支にひとつだけありました。以上のことから、
母親の星が本来の場所にあり、子供のエネルギー値よりも母親のエネルギー値が少々大きいということは、問題ないと判断いたしましたが、いいでしょうか。

回答
子供は親に反抗して自立し、成長していくのが当たり前です。
20歳までに、大きな反抗が3回ぐらいあるのが普通です。
逆に、親に反抗しない子供の方が、大人になってから問題を起こしやすいといわれています。子供のことを見る時は、必ず子供の命式で鑑定すること。

  1. 子供の命式から「母親の星」のエネルギー値を調べる。
  2. 子供自身のエネルギー値を調べる。
  3. 自分のエネルギー値が母親のエネルギー値よりも大きかったら心配ありません。母親の小言がうるさいと思えば、自分から家を出て自立していきます。
  4. 逆に、母親のエネルギー値が大きかったら、家庭内暴力になる危険性があります。「母親としては、子供に社会性を身に着け、早く自立できるようにしてあげることです。アルバイトができる年齢になったら、アルバイトさせるといいでしょう。」

いろんな技法を組み合わせて、答えを出していってください。それが算命学で鑑定する側の役割です。

質問
現在、活躍中の有名人のことですが、 そんな方と結婚した女性は、どんな恵まれた命式なんだろうと思って調べたところが、司禄星・禄存星がゼロ個で金与禄もなく、玉の輿と思われる要素はありません。 しかし、先日御質問させていただいた「年干に1つだけ夫星」が該当しておりましたので、夫を出世させる宿命⇒夫が稼ぐ⇒金運に恵まれるにあたるのかと思ったのですが、年支に恋愛星が1つありましたのでお聞きさせていただきました。また、彼女は四季運が18歳から47歳までが「秋の季節」だったので、 その点も金銭的に恵まれた運を得ることができたのではないかと推測いたしました。彼女は積極的に相手の方にアプローチをしていたそうで、 そのようにして運をGETした行動力のたまものでしょうけれども。このような解釈でよろしいものでしょうか。 間違っておりましたら、御指摘いただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。
回答
「夫を出世させる妻」の鑑定についての質問ですが。
基本形は、「自分(女)の命式に「配偶者の干」が1つ透干していることです。
それは、エネルギーを一点に集中させるためです。
人間の集中力は、持続性がありませんから、異性の星を他に持っていると気が散る確率が高くなるからです。恋愛星を1つ持っているとのことですから、本来は「夫を出世させる妻」にはなれません。
なかには、恋愛星を持っている人でも、初期の3年間位は「夫を出世させる妻」として、有効に稼働する場合があります。
それは、脳も3年間位は一人の異性を好きでいられますが、永遠ではありません。脳科学者も人間の脳は、一人の異性を永遠に好きでいられないというデータがあるそうです。
基本をしっかり理解していれば、解釈と応用はいくらでもできます。

受講者
○○○○様
女性
受講年2018年〜
Q.ある鑑定士の鑑定です
「結婚相手は現われるが、良い相手ではない。結婚しても不満が出てくる相手だが、どうしても結婚したかったら、不満の相手でも結婚するしかない」と鑑定されました。納得できないだけでなく、何となく不安が残っています。先生の鑑定をお願いします。
回答
もし私が、あなたの命式を鑑定すると。
日干=己
干合=甲―己=気が変化すると=土性になる。
戊―己になります。そしてあなたの日干=己(土)はかわりません。
甲=エネルギーは「13」己=エネルギーは「25」になります。あなた自身は、結婚しても、あなたの意志は基本的には何も変わらない人です。ということは、婿養子としてあなたの家に入ってくれる人を求めている命式です。②
2歳~41歳まで大運天中殺になっていますから、22歳以降「丙辛干合」で恋人が現れますから、ここで結婚。天中殺明けて離婚。幸い子供がいませんから、42歳以降に再婚するようになっています。干合相手の「甲」を2つ持っていますから、二度の結婚になるはずです。
あなたの命式に忠実に解釈すると、以上のようになります。★算命学では、結婚は一度という決まりはありません。浮気はダメという決まりもありません。悩みの少ない人生は、宿命どおりに生きる事、と言われています。
特に気を付けることは、道徳に縛られないことです。固定概念、常識に縛られると鑑定を誤ることがありますから、気を付けてください。
質問
どんなに相性がよくても大運天中殺が明けたら環境を変えなければ、離婚しやすいということは承知しました。
「一からやり直し、全く別の仕事をする」の意味ですが、それまで在籍していた会社を退職し、別の会社に就職すれば同じ内容の仕事でも問題ないでしょうか? それとも職業そのものを見直さないという意味でしょうか?

回答
「一からやり直し、全く別の仕事をする」の意味ですが。
これまで在籍していた会社を退職する必要はありません。ただ、「大運天中殺期間」の環境を変えることが重要な条件です。
仕事場の環境を変える必要がありますから、職種の変更、地方への転勤や海外勤務を志望する方法があります。別の会社に就職すれば同じ内容の仕事でも問題ありません。
どうしても職場を変えることができない場合は、代わりに住居を引っ越していただいても、環境の変化になります。

受講者
○○○○様
男性(65歳)
受講年2017年〜

 

Q.散法について
算命学独習において、太郎さんの例がございます。
これを2017年の散法で見てみますと、8つあることになりますが、
添付の8つすべて見るということで、正しいでしょうか?

回答

散法から見た健康診断(2017年の健康診断)
散法「害」で見た「健康診断」は、添付資料の通りでよろしいと思います。
「健康診断」には、もう一つ大事なことがあります。
それは「五気のバランス」を見ることです。その年の健康は「命式の3柱と後天運の2柱」の五柱で鑑定いたします。
①年干支・月干支・日干支・大運・年運の5柱の五気のバランスを出します。

「気の変化を見る」
★「命式:後天運」で変化する五気を探します。命式内と後天運同士では気の変化は、適用されません。干合も成立しません。
★酉.丑.巳=金の三合会局=金の気になる。
★子.未=害(膀胱機能が低下して起こる病気、腎臓に関する病気全般に注意)

●2017年のあなたの「健康運」は、正規の場合は「五気のバランス」が取れています。
●2017年は、五気が変化しても、「五気のバランス」が崩れることはありません。
ただし、「天中殺の年であること」と「害の年」になることから、体調の変化には十分に気を付けてください。

Topへ