四季運算命学 |有山茜

算命学の教室で3年学んだが、プロの鑑定士として自立できない、という人のための通信講座。質問は自由で、月謝は無料。 とくに、鑑定士になりたい人のための実践法と、鑑定のテクニックをアドバイスします。

お問い合わせ
ariyama-akane@r9.dion.ne.jp

BCF鑑定の見方

BCF鑑定の見方

 算命学カウンセラー有山茜

例題をつかって説明します

さくらこさん(1975年3月1日生れ)

────診 断 項 目────

1.あなたの天中殺 5.基本的な運勢診断—初年・中年・晩年の基本
2.神様からの使命 5.1) 初年の基本的な運勢診断
3.あなたの主星 5.2)中年の基本的な運勢診断
4.基本的な性格診断
あなたが持っている多面的な性格
5.3) 晩年の基本的な運勢診断
4.1) 自分の本質 6.一生の運勢診断—あなたの一生をあらわす運気のサイクル
4.2) 親や年上の人に見せる顔 7.Bioーenergy診断
(自力運)
4.3) 他人や社会に見せる顔
4.4) 子供や部下など、年下に見せる顔
4.5) 家族や夫(妻)に見せる顔

さくらこ様(女性)
1975年3月1日
九星:七赤金星
風水:艮星

「基本命式」
戌亥天中殺

多面的に見た性格と初年・中年・晩年の運勢

────診 断 項 目 その【一】 ────

あなたの天中殺

さくらこ様
戌亥天中殺

「戌亥天中殺」とは

解説「戌亥天中殺」とは六つある天中殺の中で一番わかりにくいタイプになりますから、大事なときに誤解されやすい星です。大変にデリケートな神経を持っていながら、外見は大らかに見える人ですから、甘く見て近づくと大やけどをしますから気を付けること。激しい内面に触れたことがある人は「見かけと全然違う怖い人」と受け止めているはずです。「無から有へ」というエネルギーが大きい人ですから、自分一代で新しい世界を作り、財を築いていく運命の人。そのため現状で満足すると、運気はそこで停止してしまいますから気を付けてください。

────診 断 項 目 その【二】 ────

神様からの使命

さくらこ様
貫策星

「貫策星」とは

解説あなたの人生は、自分の努力で掴む人ですから、自分一人でできる仕事をしなさい。そうするとあなたらしい生き方ができます。あなたは他人の指図や命令に従う人ではありません。全てマイペースで物事を進めますから、自分の好きなことを自分にあった手法で、黙々と自分のペースで出来る仕事をすると満足する生き方ができます。

────診 断 項 目 その【三】 ────

あなたの主星

さくらこ様
壬=大海

壬=大海

自由を愛し、夢とロマンを求める旅人。向上心が強く、ユニークな発想と斬新なアイデアで勝負する冒険家。

────解説

あなたの主星は「海」です。果てしなく広がる大きな海、この穏やかで雄大な自然の姿が、あなたの持って生まれた宿命の世界です。また水の本質は、常に流れ動いていないと、清い水を維持することができません。ジッと同じ場所に止まっていると、水が澱んで腐敗してしまいます。
海の人は、このようにゆったりとした大きな心を持ち、あらゆるものを飲み込んでしまう包容力のある人です。そして止まることを知らず、どこへでも流れてける自由な生き方を望んでいるタイプです。

このように自由を愛するが故に、型にはめられたり、束縛されたりすることを極端に嫌います。いつも夢とロマンを追い求め、好奇心と冒険心を胸に秘めています。旅が好きで、思い立ったらどんな危険な場所でも出かけていきます。そういう意味での行動力はありますが、目的がはっきりしないときや気が乗らないときは動こうとしません。

海の人は概してスケールの大きいことを望みますから、実力が伴わないと波乱の人生になってしまいます。ほどほどの人が中庸の人生では満足しないのがこのタイプの特徴といえるでしょう。開運のコツは、まず自分自身の実力にあった生き方をすることです。欠点としては、環境に流されやすいので、自分の生きる目標をしっかり持つことです。土台がしっかりしていないと荒波を受け止めることができません。また水は、高いところから低いところへ流れるように、あなたは助けてもらえない宿命です。幸運を掴むには、自分自身の実力で勝ち取るしかありません。わがままで怠惰に流されやすいところ。依頼心の強いところ。あきらめの早いところ。異性との交渉が多い点も気になるところです。

────診 断 項 目 その【四】 ────

基本的な性格診断—あなた が持っている多面的な 性格

ここに示した五つの顔は、すべてあなたが内面的に持っている性格です。他人は、あなたの一部分しか見ていませんから、会う人によってあなたへの評価が違ってしまうのは仕方のないことです。それは、相手が悪いのではありません。あなたが相手に心を開いていないのか、相手があなたを理解しようとしないのか、のどちらかでしょう。

五の顔

    1. 自分の本質
    1. 親や年上の人に見せる顔
    1. 他人や社会に見せる顔
    1. 子供や部下など、年下に見せる顔
  1. 家族や夫(妻)に見せる顔

自分の本質—基本的な性格

《一の顔》
さくらこ様
鳳閣星
鳳閣星
柔軟で大らかだが、粘り強さに欠ける自然児。────解説この星の本質は、自然体で、中庸を保つ冷静な心です。物事を判断する場合でも、どちらかに片寄ったり、情に流されたりする事はありません。あくまでも公平な判断、批判をする人です。嫌いだから冷たく扱うとか、身内だから手加減するというようなことはしません。このように非常にバランス感覚のいい人です。立場によっては一見冷たい人に見られるかも知れませんが、心は大変優しくて暖かく、無邪気で大らかな自然児です。別名「子供の星」と言われています。あくまでも自由に生きたいタイプですから、行動を規制されたり、枠にはめられたりすると苦痛になってきます。

他人は他人、自分は自分の生活リズムを持って、誰にも干渉されないで生きていきたい人。またそれが出来る人です。名誉欲や出世欲はありません。自分にあった生活を望むタイプですから、働いても働かなくても食べることには困らない宿命です。このような性格から、他人の目には怠け者に見えるのかもしれません。しかし、このような現実離れしたのんびり感が、ギクシャクした社会の潤滑油的存在になっているのです。
欠点は、執着心がないこと、あきらめが早いこと、粘り強さがないことです。これらは、すべて欲の無さから出てくるものですから、夢を持つことが大切です。それも実現可能な夢を持つと、ヤル気も、パワーも、自信もでてくる人です。

親や年上の人に見せる顔—基本的な性格

《二の顔》
さくらこ様
司禄星=家庭的 だが用心深い倹約家。

司禄星
家庭的 だが用心深い倹約家。

────解説

その日その日を堅実に積み重ねていくタイプ。広大なロマンがある人ではありませんから、今日一日を精一杯生きることがあなたのモットー。安定志向の考えをベースに、無理をせず、怠けずコツコツと努力する人です。この星の本質は、蓄積と準備ですから、仕事、才能、信用、人間関係すべてにおいて良さが出てくるのに時間がかかります。また生活習慣も蓄積されていきますから、あなたの育った環境が性格の一部になることも。可愛がられて育った人は、可愛がられると言う感覚が蓄積されますから、誰にでも可愛がられるものと思っています。そのため、叱られたりいじめられたりするとショックが大きいのです。このように生活環境までが蓄積される人ですから、発想の転換が出来にくいタイプといえるでしょう。自分を消極的にするもう一つの要因に、不安から来る準備があります。病気になったら、働けなくなったら、地震が来たらと貯蓄に励み、あらゆる準備をしておかないと安心できない性分です。傍目にはそんなことまでと思っても、これがこの人の生き方です。欠点としては、ここ一番といった時に勝負が出来ない。人生の途中で生き方を変えられない。挫折に弱い。自分の生活圏を脅かす者に対しては、嫉妬の炎を燃やすタイプです。特に司禄星が親や目上の場所にあるときは、 家庭第一の人。安全と安定を望みますから、仕事も激しい競争社会を避け、安定した企業や公務員などを選びます。もちろん転職などは考えません。結婚願望が強い人。不安を解消するために結婚は早いでしょう。相手も安定した企業や公務員になる可能性大。へそくり上手な倹約家で、平凡な生き方になります。

他人や社会に見せる顔—基本的な性格

《三の顔》
さくら子様
玉堂星= 他人と身内を区別する身びいきタイプ。
環境が蓄積されるため変化に弱いのが玉にキズ。

玉堂星

他人と身内を区別する身びいきタイプ。環境が蓄積されるため変化に弱いのが玉にキズ。

────解説

玉堂星 他人と身内を区別する身びいきタイプ。環境が蓄積されるため変化に弱いのが玉にキズ。
自分の育った環境の壁を越えられないのが、この星の特徴です。本質は習得本能ですから、学問の世界で一つのことを継続して研究できる場があれば満足する人です。別名「知恵の星」「学問の星」といわれています。ただしその学問は、体験から得るものではなく、あくまでも頭の中で理解し、頭の中で模索するものです。知識だけを詰め込んで、さも実際に体験したような気分になっているわけですから、現実とのギャップが大きい人。例えば、大学で教わった教育論がそのまま現場の教育に通用しないように、学校の勉強だけではものを学ぶという経験にはならないのです。特にこの星が中央にある人は、素直な人だけに何の疑問も抱かず鵜呑みにする傾向があります。これは知識だけに限らずすべてのことに通じることです。ですから常に社会性を身につけるように心がけないと、理屈のための理屈を言う屁理屈人間になってしまいますから気をつけましょう。

母性愛や肉親愛が大変強く、とても面倒見のいい人です。ただ肉親と他人をはっきり区別する身びいきタイプ。どんなに親しい間柄になっても、一線を越えることが出来ません。それだけ保守的でガードの堅い人です。欠点としては、社会性が育ちにくいことと、自分が育った環境から抜け出せなくなることです。それだけ母親の影響を受けてしまうということです。

特に玉堂星が他人や社会をつなぐ場所にあるときは、 本質は学問の星ですから、仕事に役立つ知恵が働きます。ただし常識の枠を越えることができません。物事をすべて理論的に考えるので、奇抜なアイデアは望めません。それにどことなく知的なムードがあるため、庶民的な親しさには欠けます。成績が良いのは低学年の頃だけで、高学年になるにつれて学業の成績が落ちていく傾向がありますから、社会に役立つ知恵、または仕事上に必要な知識や企画力で活躍しましょう。

子供や部下など、年下に見せる顔—基本的な性格

《四の顔》
さくらこ様
子供や部下など、年下に見せる顔
貫策星=強い意志と忍耐力が魅力のマイペース型。

貫策星 強い意志と忍耐力が魅力のマイペース型。

────解説
あなたの性格は、正直で一本気、頑固で意志が強い努力家です。あくまでもマイペース人間ですから、他人の命令に従うことを嫌います。それが親であっても、会社の上司であっても素直に従う人ではありません。しかし攻撃や反発はしません。ただ「ハイハイ」とうなずくだけで。結局は自分の思い通りに進めていくタイプです。最初はちょっと扱いにくい人かも知れませんが、自分を取り巻く環境が良ければ、むしろおとなしい人になります。もともと他人と争うことを好まない人ですから、ケンカをすることはめったにありません。ただ、自分の信念を守るために頑固になっているだけです。宿命的には大変強いエネルギーを持っていますから、人生もゆっくり進んでいくタイプです。一つのことにじっくりと時間をかけて取り組む人なので、決して要領がいいとは言えません。組織に合わせることも苦手なタイプだから、サラリーマンには不向き。黙々と自分のペースで、好きなことを自分に合った手法で進めていくのを一番望んでいる人です。つまり、長距離ランナータイプと心得て、自分の信じる道を歩んでいくしかありません。欠点としては、頑固すぎるため時代の変化に素早く対応できないことです。変化と挫折に弱いタイプと言えるでしょう。
特に貫索星が子供や部下の場所にあるときは 、大変忍耐力の強い性格になります。回りからガミガミいわれても、ただうなずいて聞き流すだけ。実際には嵐が通り過ぎるのを忍耐強く待っているだけで、自分のペースは崩しません。時には自分のポストを守るために子供と張り合うことも。子供は独立心旺盛なところがあり、親離れは早いでしょう。

家族や夫(妻)に見せる顔—基本的な性格

《五の顔》
さくらこ様
家族や夫(妻)に見せる顔
龍高星=自由な発想と旺盛なチャレンジ精神の持ち主。

龍高星

自由な発想と旺盛なチャレンジ精神の持ち主。

────解説
あなたは自由な旅人。誰にも束縛されず、どんな形式や制約にも、常識や体制の枠にもはまらず、いつも夢やロマンを抱いて黙々と自分の道を進む人。しかも弱音は吐きません。忍耐と努力は人一倍強い人です。常に新しいものに目を向け、その知識欲の旺盛さは誰にも負けません。それも、机上の知識では満足できないタイプ。知りたいことがあれば、実際に体験してその中から知識を習得するため、行動は実にダイナミック。周囲の人たちを驚かせることもしばしばです。

旅行が好きで外国生活に憧れる傾向もあります。芸術的なセンスもあり、創造力にも優れ、音感も色彩感覚も抜群。内面に秘めているパワーは多彩。学ぶこと、吸収することが大好きな人です。しかも地位、名誉、名声、財産といったものには執着がなく、それよりもいかにして自分にあった生き方が得られるかに関心があります。また、それを口に出して言う人ではないので、傍目には「何を考えているのかわからない人」という印象が強いでしょう。忍耐強い努力家ですから、生きる目的がはっきりしていたら、必ずものにできる人です。不言実行を貫くタイプです。
欠点としては、生きる目的がないと、放浪の人生になる可能性がありますから気をつけることです。

特に竜高星が家庭や家族と接する場所にあるときは、 外出するのが好きな人です。これといった目的がなくても外出したくなるタイプ。家の中でジッとしているとイライラしてきます。女性は特に旅行好き。専業主婦であったら、マメに出歩くことは、本人だけでなく家族にとってもいいことです。ノイローゼにならないために、趣味や習い事を持つのも良いでしょう。

────診 断 項 目 その【五】 ────

基本的な運勢診断

初年 ・中年・晩年の基本的な運勢

初年期—基本的な運勢

初年期の運勢=天恍星

天恍星

────解説
この星は子供でもなく、大人にもなりきれない思春期を表します。

常に何かを求めながら、迷い模索し続ける時代です。現状打破のエネルギーが強く働くことになります。昆虫の脱皮現象のようなもので、良きにつけ悪しきにつけ人生の第一の分岐点です。そしてこの時期に、人生の大まかな方向性が決定されます。社会に対する自覚が確立する時代でもあります。つまり親元から巣立ち、社会への旅立ちの時代と言うことです。
このように現実の行動と精神面の成長が一致しないので、心の葛藤が大きく、自己嫌悪に陥ったり、自意識過剰になったりと精神的に不安定。これが外に向けられると暴力になったり、非行化の原因になったりします。反対に内に向けられたら、ノイローゼになり、極端に走ると自殺行為にまで発展する場合があります。しかし、精神的苦労を乗り越えれば、明るい華やかな人生を送ることができます。本来この星は「夢多い星」ともわれ、新しいもの、派手で目立つものに関心がありますから、タレントとしての才能にも通じるものがあります。

──特に天恍星が初年期にある時

あなたは20歳までに親元を離れるという宿命を持っています。そしてその通りになれば順当に幸せな道を進むことができます。しかし何時までも親元にしがみついていた場合は、チャンスにも恵まれず不平不満の多い人生を送ることになるでしょう。初年期にこの星を持つ人は、親元を離れ精神的にも経済的にも自立することが第一です。また恋への目覚めは早く、恋に恋するところがありますから、現実とのギャップに悩まされることになるでしょう。とにもかくにも自立すること。そして、しっかり現実と向き合うことが開運のカギになります。

中年期—基本的な運勢

中年期の運勢=天胡星

天胡星

この星は、病人の星で現世の最後を表します。

────解説

これは病気ということではなく、肉体の力を活用することができない世界と考えれば理解できると思います。その世界は、時間と場所を超越した空間で夢の世界です。このエネルギーは、空想と夢の世界を現実の世界において実現可能にする才能で、その時に役に立たなくても、成し得た業績が百年後または千年後に花開くことになるというエネルギーです。ですから、自分の努力や行為が生存中に評価されるとは限りません。生涯を通して不運なまま天胡星は、常に死と対峙しながら生きているわけですから、苦しみもありますが、それ以上に崇高な精神力を持っています。この世界は、歴史に残る芸術家や学者、発見・発明家の多く見られる現象なのです。また宇宙旅行を実行できるのもこの星だけです。このように精神の世界に生きる人ですから、利害関係が絡むような世界は不向きです。また、人と争うようなことも苦手です。それよりも、優れた美意識や繊細な感性が生かされるようなクリエイティブな世界で才能を発揮する星です。病人の星だけに、普通の人より体は丈夫ではありません。無茶なオーバーワークは避けるようにしましょう。

──特に天胡星が中年期にある時

夢見る星が中年期に回ってきているわけですから、どこか現実の生活としっくりいかないところがあります。特に現実と強く密着した仕事をしている人は、波乱含みの生活になります。ある時を境に、ガラッと違った考えや行動を起こす場合があります。でもあなたが、夢を売る仕事や音楽、芸術、プランナーなどの仕事をしている場合は、才能が生かされますから満足する中年期になるでしょう。ただし、ハードスケジュールだと体が付いていけません。

晩年期—基本的な運勢

晩年期の運勢=天貴星

天貴星

この星は、好奇心が旺盛な少年期を表します。やっと人間として自覚が持てる有意識の時代に入ります。

────解説

幼児から小学生までの子供が持つ世界がこの星です。何でも知りたいという向上心と好奇心にあふれる時代。この星は、学ぶことに情熱を燃やす星ですから、年齢や環境に関係なく学問や研究に没頭します。また、吸収したものを教え伝えていく才能にも長けていますので、先生という仕事にも向くタイプです。プライドが高く、潔癖で責任感が強く保守的な考え方をします。
また、この星には長男、長女、末っ子の役目を担って生まれてきています。つまり親の面倒を見るという宿命を背負わされているのです。もしあなたが女性の末っ子だったら、結婚相手は必ず長男か末っ子。いずれにしても、どちらかの親の面倒は見なければなりません。
このような宿命を担って生まれてきていますから、どことなく温和で品格があります。その温和な態度が社会での信用と信頼につながっているのです。ただし、図太さには欠けていますから、現実的な駆け引が必要な商売などには不向きなタイプです。

──特に天貴星が晩年期にある時

年をとっても気だけは若いわけですから、年寄り扱いされるとプライドが傷つきます。若い気でいても体力が付いていけないので、イライラすることも多くなるでしょう。でもこれまで築いてきたキャリアを生かして、後輩に教えたりする場が用意されています。若い人たちと張り合い批判するだけでなく、尊敬される人になれるように心がけましょう。「老いてますます盛ん」と言った表現がぴったりの晩年期が暗示されています。

────診 断 項 目 その【六】 ────

一生の運勢診断あなたの一生をあらわす運気のサイクル

[大運表]
右回り2歳運
●一つの星が支配する期間は10年間です。

【あなたの運気の流れ】
●守護神=戊・庚・丙 ●忌神=甲・乙

●自分が一番輝く「夏の時代」が「22歳~51歳まで」という中年期に回ってきます。経験豊富な時代に回ってきますから、充実した時代になることでしょう。

●あなたの場合は、大運第1旬に約束事が成立しますから、大運天中殺が20年間移動します。従って「大運天中殺」が、第3旬と第4旬に繰り上がります。大運の初旬に約束事(天剋地冲)=丁酉と癸卯の天剋地冲が成立するからです。

●あなたの場合は、自分が一番輝く「夏の時代」にさらに「大運天中殺」が、第3旬と第4旬に繰り上がりますので、22歳~41歳までの20年間が「大運天中殺」になります。この20年間は「夏の時代」であり、さらに「大運
天中殺期間」になりますから「福の神」に助けられますから、やり方によっては運気が急上昇するかもしれません。これまでの自分の生き方を振り返ってみて、自分の努力や実力以上の運をもらっていると実感したことがありますか。この大運天中殺の「福の神」に助けられるのは「大運天中殺」の期間中だけです。あなたの場合は、41歳までになります。

●次は、あなたの「転換期」を調べてみましょう。40歳前後に大きな変化がなかったでしょうか。社会の場所と仕事の場所に変化が現れたはずです。この期間は「夏の時代」の期間中ですから、発展するための変化になります。次に気が変わるのは45歳前後、50歳前後になります。この期間は「夏の時代」の期間中ですから、発展するための変化になります。次に気が変わるのは45歳前後、50歳前後になります。

●あなた2歳運の人ですが、気が変化するのは、2が付く年ではなく、5がつく年と10がつく年になっています。たとえば、45歳前後、50歳前後、55歳前後、60歳前後になると動きたくなるということです。

●現在2017年60歳は還暦、年干支と年運が「律音」になる年です。律音は分裂する、別れるといわれる年です。ただし、守護神が付いていますから、発展性がある分裂になると思います。

●基段占技(その人の運命の大枠を掴む技法)=「触(しょく)」一匹狼的な生き方になります。つまり、自分で考え、決断し、自分で行動するという自力運の強い人生です。自分の努力のみが頼りの人生ですから、自分で動かなければ運は掴めません。行動が止まると、運も停止するという運勢です。

●算命学では、人はそれぞれ、生きる「運命の枠」を持っていると解いています。そして、自分の「運命の枠」の中であれば自由に行動できますが、運命の枠
の外には出ることはできません。また、自分の「運命の枠」も動かすことはできないと定められています。唯一自由に振舞えるのが「大運天中殺」の期間だけ
です。あなたの場合は、46歳~65歳までは、この「大運天中殺期間」の中に入っています。

●自分の運命の枠を「宇宙船」にたとえると、大運天中殺の期間は「宇宙遊泳」をしている期間と考えればわかりやすいと思います。しかしこの「宇宙遊泳」
の期間は、永遠のものではありません。大運天中殺期間が終われば、もとの自分の「宇宙船」に戻らなければなりません。これが大運天中殺の約束事です。

────診 断 項 目 その【七】 ────

Bio-energy 診断(自力運)

Bio-energyグラフの見方

●このエネルギー表は、あなたの健康面に影響を与えます。持病がある方は、エネルギーが落ちる前に健康チェックをしておきましょう。

Bio-energy

持って生まれたあなたの生命エネルギー値で、このエネルギーは自分の意志ではコントロールできないものです。エネルギー値が高いときは、自信満々でヤル気も充分。先手、先手で物事が進みますから、成功率が高くなります。逆にエネルギーが低いときは、自信が無く迷いも多くなりますから、決断が鈍り後手、後手に回ってしまいます。結果、思うように物事が進行しません。あなたのエネルギー値が、働き盛りの25歳~65歳の時期に0線より低い場合は、企業や組織に守られた環境で働く方がうまくいきます。

つまり、サラリーマンまたは公務員タイプになります。逆に0線より高い場合は、企業や組織の中に収まりきれない人ですから、自分で仕事を興した方が満足します。人に使われるより、人を使う立場に回る方が活力はでてきます。事業家や自由業といった分野で活躍するタイプ。もしあなたが会社人間なら、会社以外に副業をいくつか持つようになるでしょう。

春の時代
――守りのエネルギーが強くなります。自我が強く自分の殻に閉じこもるようになります。時流に乗るために、自分の意識を変えようとしてもなかなか変えることが出来ません。他人の忠告も受け入れにくい時代です。子供時代に春が回ると、のんびりマイペース。中年期に春が回ると、頑固に自分の意志を曲げない時代で、守りが強くなります。晩年期に春が回ると、悠々自適な隠居生活を楽しむことになるでしょう。
夏の時代
――自分が一番輝く時です。自分の存在を他人や社会にアピールしたくなります。派手な生き方になります。実力のある人は他人や社会に評価される時代です。ただし、目立ちすぎると叩かれやすいので気をつけましょう。子供時代に夏が回ると、勉強よりも遊びに夢中。中年期に夏が回ると、エネルギッシュに活躍する時代。晩年期に夏が回る、楽隠居は出来ません。死ぬまで現役で活躍することになります。
秋の時代
――積極的に欲しいものを取りに行く時代です。戦いの時代といっていいでしょう。人気、地位、名誉、お金などを得るために努力するときです。すでにお金と名誉を得た人は、宴に夢中になる場合もありますから気をつけましょう。子供時代に秋が回ると、何でも欲しがる贅沢な子供になりやすい。中年期に秋が回ると、欲しいものを取りに行く戦いの時代。晩年期に秋が回ると、収穫の秋で宴の充実した隠居生活を送ることが出きる。
冬の時代
――知識欲が旺盛なる時代です。新しい技術を身につけたいと研究心がでてきます。若い時なら海外留学もあるでしょう。知りたい、学びたいという意欲が大きくなります。子供時代に冬が回ると、成績優秀な子供に。中年期に冬が回ると、研究熱心な発明家。または技術開発や斬新な企画力で活躍する時代。晩年期に冬が回ると、生涯勉強家。後輩の育成やコンサルタント業や作家活動で活躍することになるでしょう。
大運天中殺期間
――もっとも大きな特徴は、年運に回ってくる2年間の天中殺と違って、運勢が急上昇する場合があるということです。それもあなた自身の力量、才能とはあまり関係なく、突然エンジンがかかったように、仕事運、財運、愛情運のすべての運が上向きになってきます。この上昇気運は、大運天中殺期間中続きます。ただし、大運天中殺期間の上昇運の度合いや現象は、その人の生き方によって差があること。このことを頭にいれておいてください。大運天中殺の恩恵を受けやすい人は、実業家、自由業の人です。組織に守られている会社員、OLの場合は、それほど極端な上昇運は望めないでしょう。主婦の場合も家庭に守られていますから、ほとんど恩恵を受けることはありませんが、その分、夫に移行する場合があります。つまり自分でなく、夫の仕事運が急上昇することがあります。唯一「福の神」と言われているのが大運天中殺期間です。

copyright(C)有山茜2018

Topへ